読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログだった何か

ジーナちゃん専門ブログ

Yooka-LayleeのToybox

f:id:djtaimi:20161224093625j:plain
レア社の元スタッフが集結した、バンカズの精神的続編「Yooka-Laylee」。
予約が開始され、非BackerでもToyboxを遊べるようになったので、早速遊びました。
(ちなみに「Yooka-Laylee」の名前はウクレレの発音「ユーカレイリー」から来ています)


f:id:djtaimi:20161224093948j:plain
本作の敵キャラとして登場予定の「Inept」から簡単なチュートリアルを受けます。


f:id:djtaimi:20161224094139j:plain
バンカズでのオンプに相当する「Quill(ハネ)」を100枚集めるのがToyboxの目的。


f:id:djtaimi:20161224094329j:plain
もはや説明は不要です。
好きなようにQuillを探し回ります。


f:id:djtaimi:20161224094428j:plain
基本的に操作は同じですが、カズーイダッシュに相当するアクションがRトリガーになっています。
(乗る意味あるのかこれ)


f:id:djtaimi:20161224095500j:plain
Quillはあらゆる場所に散らばっています。
よく探さないと見つからない場所にも隠されています。


f:id:djtaimi:20161224095138j:plain
レア社ゲーならではの遊び要素が満載。
Quillとは関係ない場所に、いくつかの隠し部屋があります。(画像はエフェクトテスト部屋)


f:id:djtaimi:20161224095919j:plain
100のQuillを集めると、バンカズでのジグソーにあたる「Pagie」が出現。


f:id:djtaimi:20161224100057j:plain
Pagieを取れば終わり…と思いきや、Ineptが「スペシャルなヒミツ」を用意していました。
画像のスイッチは一体どこにあるんだろう?


f:id:djtaimi:20161224100203j:plain
スイッチは非常に見つけづらい場所にあります。
この先に一体何があるのやら。


一通り遊びましたが、思ったよりバンカズしていました。
キャラを動かすだけでもかなり楽しいんですが、軽快なアクションを駆使して「行ってみたくなる」ような地形が作られているのが一番ですね。
ガレージ大作戦から9年、純粋な箱庭アクションとしては17年ぶりの新作になりますが、全く衰えぬゲームデザインには期待せざるを得ません。
来年には「A Hat in Time」も出ますし、箱庭アクションの年になりそう。

広告を非表示にする