ブログだった何か

ジーナちゃん専門ブログ

BallisticNG 2280モード

f:id:djtaimi:20160820101931j:plain

BallisticNGはワイプ3がベースになっていて、Pure以降のシステムは搭載されていません。
しかしメニュー画面で「2280」とタイプすることで2280モードが有効になり、
Pure以降に近い感覚で走れるようになります。
オリジナルモードとの違いを少しまとめたので、参考にしてみてください。

性能

まず、バレルロール、サイドシフトが使えるようになります。
バレルロール時のターボ音は、ロケットスタートの音が参照されているため、
カスタムサウンドの「startboost.wav」を差し替えることで変更することが可能です。

そして、マシンの挙動が少し変わります。
フワフワした感じからベタッとした感じになり、地面への吸着率が高くなります。
ただし本家に比べるとやや軽めであり、PS~Pureの間のような挙動です。

3のシステムであるハイパースラスト(ゲージを消費して加速する)は使えなくなります。

アイテム

ターボが解禁されます。
バレルロールと違い、専用の音ファイルがあるようです。(のちのち確認を取ってみます)

また、アイテムを吸収して、ゲージを回復することができます。
この仕様も本家の再現となっており、ピットレーンを気にせずレースをすることが可能です。
APの解除時も吸収扱いになっているようですw

Eパックが出なくなりますが、フォースウォールとワームホールは出てきます。

システム

本家(2048を除く)のTTは、ラップ毎にターボが1回だけ使える仕様になっています。
2280モードでもその仕様が再現されています。ゲージが減らないのも同じです。
上記の仕様やバレルロール&サイドシフトがあり、戦略が全く異なってくるためか、
2280モードのタイムは、オリジナルとは別に集計されています。

それと細かい変化ですが、落下中BGMにフィルターが掛かるようになります。
これはHD/Furyの演出を再現したものです。

広告を非表示にする