ブログだった何か

ジーナちゃん専門ブログ

momoちゃんで遊ぶ その6 Kindle

あんまり電子書籍を読むことはないんですが、最近Kindleでマンガを読むようになりました。
マンガは寝っ転がって読むことが多いから、陰になって読みづらい。だからタブレットで読もうかな…という理由。それにセールで安く買えたり、無料連載版の雑誌も読めるので。

で、momoちゃんでもKindleでマンガを読めるかというのが問題。
Windowsタブレットで使えるものとしては、一応Kindle for PCというやつが出ています。

これ、類まれなクソアプリです。
まずジャマなのが、フルスクリーン時に表示される左右のパネル。こいつのせいで画面が端まで拡大されません。

momo2-000029.png

PCでの操作に配慮してるのかなんなのかわかりませんが、画面の左右をクリックすればページがめくれる以上、このパネルが画面の左右を占める理由がありません。
縦持ちだと左右が余計圧迫されて、一回り小さく表示されてしまいます。

これではKindleの漫画を拡大して読むことができません。
for PCどころか誰得だかわからないです。
あまりにもむかつくので「for 何とか」と呼ぶことにします。

あくまでもfor 何とかなので、タブレットには不向きなのでしょうか。
そこでブラウザ上で電子書籍を読める「Kindle Cloud Reader」を試しました。

momo2-000028.png

for 何とかと違って謎バーがないのでここまで拡大できます。フルスクリーンで表示すれば、その違いは一目瞭然!
試してないですが、Edgeだとフリックでページがめくれるようです。
素晴らしい素晴らしい、というかこれが普通であってほしい。

オンラインでの読み込みのため少し時間が掛かりますが、
右クリックして「保存する」を選べば、キャッシュに読み込んでくれます。
ここでキャッシュの設定をしていないと、容量制限が掛かってダウンロードしてくれないので、以下のヘルプに従ってキャッシュの容量を確保しておきましょう。

Amazon.co.jp ヘルプ: オフラインで閲覧できるように設定する:

漫画は無事に読めるようになりました。
ついでなので小説も試してみることにします。
Cloud Readerは活字コンテンツに対応しておらず、不本意ですがfor 何とかで読むことになります。
くどいようですが、for 何とかは本を読むにはオススメできないクソアプリ。
やはり一筋縄ではいきません。

小説を読むときは左右のパネルを小さくできますが、存在自体不要なものを小さくしたところで何かが変わるわけではありません。
それどころか、実はとんでもない仕様でした。

momo2-000032.png

フルスクリーン画面にして、ページめくると必ず下部にメニューが出てくる。
言うまでもなく邪魔で、そして消せない…!
数分死闘して、ドラッグでどかせることに気づきました。
ところが一旦フルスクリーンを解除すると、元の位置に戻ってしまう。
どうやら左右のパネルを押してページをめくらないと、いちいちこのメニューが出てきてしまうようです。
これじゃ漫画以上に読みづらい。なんなんだこれは…。

結論としては、for 何とかはあくまで「何か」のために作られたソフトであり、
Windowsタブレットで、というか、そもそも本を読むのには適していません。
漫画を読むなら「Kindle Cloud Reader」で事足りますが、今のところ本をまともに読める手段はなさそうです。
早いうちに「Kindle for Tablet」が出ることを願うばかりです。

広告を非表示にする